家族婚はこんな方にぴったり!

家族婚とはどんなもの?

一般的な結婚式や披露宴は両家の親族の他に、仕事関係者、友人知人、恩師など招待客を招いて行われます。招待客が出席するとなると、それなりの広さの会場や食事などの用意が必要となり、費用がかかるのが現実です。そこで最近では家族婚というスタイルを選ぶ人が多くなってきました。家族婚とは、名前の通り家族や親族だけでこじんまりと行う結婚式や披露宴のことで、少人数であたたかな結婚式が行えると人気です。

家族婚には新郎新婦と両家の両親だけのパターン(4名から10名前後)と親族までを含むパターン(20名ほど)があります。家族婚を行う場合、式場によって人数制限がありますので、何人までOKか事前にチェックしておきましょう。また家族婚であっても、少人数の親しい友人を招くことは可能です。さらに結婚式だけをする場合、結婚式と簡単な会食を行う場合などプランは色々ありますので、自分たちの希望や予算に応じて考えてみましょう。

image

家族婚のメリットとデメリット


家族婚のメリットとして一番に挙げられるのがアットホームな結婚式が行えること。これまで育ててくれた両親、幼い頃からよく知る親族、かけがえのない親友など、大切な人たちに囲まれて思い出深い結婚式を演出できます。招待客を多く呼ぶ結婚式と違って、一人一人とゆっくり話をすることができたり、新郎新婦も食事を楽しむことができる上に、身内だけの結婚式なので気を遣わずリラックスしてのぞめます。そして費用も格段に抑えることができる点も魅力です。

一方デメリットとしては、お世話になっている仕事関係者を呼べず不義理にならないか気になること、また当然ご祝儀はあまり期待できません。さらには家族婚の場合、式場が限られていることもネックとなります。

お金をかけずに一生の思い出に残るあたたかな結婚式を行いたいのであれば、家族婚がおすすめです。メリットとデメリットを理解した上で、自分たちだけの素敵な演出で家族婚を挙げてみませんか。

最近、結婚式を家族のみの少人数婚が増えているそうです。少人数婚を希望する理由は様々にありますが、一番に挙げられるのが、ゲスト全員と接することを大切にしたいからという感謝が込められています。