正式に家族婚を申し込む前に確認したいこと

しっかりと線引きをしておきましょう

家族婚とは、身内しかいないわけですから、一見すると手軽にやれるように感じます。ところが、実際には一般的な結婚式同様に、細やかな配慮が必要です。
まず、誰を招待するのかで意外と迷ってしまいます。なぜなら「家族」は、解釈のしようによってはいくらでも範囲が広がってしまうのです。例えば、家族ぐるみの付き合いをしている人も含むのか、または父親や母親のように慕っている人はどうするのかといった具合です。曖昧にするほど、どうして後になって呼んでくれなかったのかともめる原因になってしまいます。
それを避けるためにも、血の繋がった文字通りの家族だけで行う方が無難です。そして後日、結婚したこと、家族婚だったことを伝えておきましょう。

image

会場やその他のことも確認


ウェディングプランナーさんなどに、家族婚にしたいという旨を伝えたら、会場の広さを確認しておくと良いです。中には少人数の結婚式に対応していない業者もあって、数百人規模の式場に案内されてしまう場合もあります。それではかなり寂しい雰囲気になるため、必ず参加人数に適している会場なのかを調べておきたいです。
それ以外にも、食事や引き出物は大切です。身内ばかりだからこそ、それぞれの好みに合わせておかなければなりません。アレルギーがあって食べられない、趣味とは違うなどといったことがあると、気が利かないと思われるかもしれないからです。
それから送迎があるのかどうかも聞いておくと、遠くから来てくれる人に喜んでもらえます。

家族で結婚式を行うのには、費用が抑えられること、準備に時間がかからないこと、アットホームな雰囲気の中で式を挙げられること等、大規模な結婚式にはない様々なメリットがあります。